紫外線はお肌に悪いといわれていますが、その理由は何点かあります。 まず1点目は、紫外線を浴び続けると、皮膚がんを発症する確率が格段に高くなってしまうからです。 紫外線には人間の肌にとって有害なものが含まれており、紫外線を浴び続けることによって、遺伝子に傷がついてしまうこともあります。 遺伝子に傷がつくと、その傷から遺伝子が分裂を始め、それが結果として皮膚がんを発症するリスクを高めてしまう要因になってしまうと考えられています。 また、紫外線を浴びると、肌にシミなどができやすくなるといわれていますが、これも事実です。 紫外線にはメラニンを生成する働きがあり、メラニンが多く生成されてしまうと、肌の色素細胞まで老化させてしまい、色素が沈着してしまったようなシミができてしまいます。 このように、紫外線には肌に悪影響を及ぼしてしまう要因が数多くあるため、紫外線はお肌に悪いといわれているのです。 常に紫外線対策を怠らないようにしていかなくてはいけませんね。